21世紀の森と広場 ピクニック・ザリガニ釣り・竪穴式住居

2018/4/22

千葉県松戸市は21世紀の森と広場でピクニックをしてきました。

スポンサーリンク

松戸市21世紀の森と広場のアクセス

新京成電鉄…八柱駅南口下車

JR武蔵野線…新八柱駅下車

八柱から徒歩15分の場所にある公園です。ホールもあり、しまじろうのコンサートを観に行った事があります。

公園も広ければ、駐車場も広いので、混雑・満車で入れないという心配は特にしないで大丈夫だと思われます。サッカーグラウンドもあって練習や試合で使われているようです。

松戸市21世紀の森と広場の写真

今回は西口から入りました。駐車場は有料のパーキングです。奥に見える受付でイベント情報などと地図を入手しました。受付は必要なく、入場は完全無料です。

↓早速地図を見て「自然観察舎」に向かいました。

この森で見つかった自然が色々展示されています。

奥には野鳥を観察するための望遠鏡が備え付けられています。結構人気があるみたいで、大人も子供もお姉さんも、みんな覗き込んでいました。自分も見ましたが、右の方にある池に色々な種類の鳥が見えました。いつも右の方にいるのかもしれません。望遠鏡なので亀まで見えました。岩に乗っててかわいかったです。

↓象みたいなぱおーんとしている樹木を発見。

広場の中心にある大きな池です。

鯉をはじめ色々な種類の魚が棲息しているようです。釣りしている人もいたのですが、良いのでしょうか?

↓こちらの広場では天気も良く、売店におにぎりなど売ってたり、食事も出来るので、みんな木陰でお昼を食べていました。自分はかき氷とノンアルコールビールでぷはーっとやってました。

人工的な小川もあり、小さな子供がパシャパシャと遊べる設計になっています。それを見ながら木陰で休める。子育てにありがたい最高の広場です。

花もいっぱい植えられていたり、家族で自然を楽しめる広場です。

↓この辺りの左に泥川があるのですが、ここにザリガニやメダカが棲息しており、子供達はみんな夢中になってザリガニ釣りをしていました。ザリガニ以外はリリースがルールづけられています。昆虫もですね。カブトムシをGETしても持って帰ってはいけません。

↓山の中にあったきりかぶです。何か小さな世界が見えた気がします。

↓縄文の森にある竪穴式住居です。実際に中に入る事が出来ました。1段低くなっており、ひんやりとしていて夏でも涼しかった事がうかがえました。

この中でドングリのすりつぶし体験をさせていただきました。昔はドングリをすりつぶして食べていたのですね。美味しいのかな?

最後に

松戸市民ではありませんが、ここは本当に素晴らしい場所で、松戸に寄った際は是非寄ってみてください。入場無料でこれだけの充実度がある場所はなかなかありません。食事処も特に高いというわけでもなく、市立でみんなに優しいところでした。

1年に1回くらいは子供を遊ばせに連れて来ようと思います。(今回2回目

この後、隣接する松戸市立博物館にも寄りました。それはまた別の記事に↓

松戸市立博物館に常盤平団地があった
2018/4/22 な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… ...