テント泊で快適な睡眠・ぐっすり眠る為にエアーベッドを導入してみた結果

キャンプをした事がある人ならわかっていただけると思いますが、地面の状況ってかなり寝やすさに影響しますよね。

  • 河原などの場合は地面に石があればどかしますが、石数が多いと全部は無理です。
  • 芝生で安心したと思っても凸凹していたり、少し傾きがあったり。

寝転んでみて初めてわかる違和感みたいなものを感じた事があると思います。

今回は、そういった悩みを解消する為に導入したエアーベッドについて紹介していきます。

スポンサーリンク

エアーベッド

エアーベッドっていうと縁がないと思っていたのですが、嫁からの要望があり準備しました。大人2人分の大きです。嫁と子供1人合わせて乗れます。(自分は下で寝袋で寝ます)

浮きわのようなビニール的な表面ではなく、表面が少し毛のようになっていて肌触りも良いです。

含ませるにはエアーベッドですので、空気を入れてやる必要があります。

流石にこれを人力で口で膨らますには骨が折れます。

エアーポンプ

ここで登場するのがエアーポンプです。

乾電池式です。

使用している乾電池はこちらの記事で記載している充電式のものになります。

キャンプ用品の電池に充電電池をフル活用
キャンプで意外に重要なのが乾電池ですよね。 持って行き忘れてしまえば、現地で道具を持て余してしまいます。 1泊や2泊では切れない...