S3の静的コンテンツを独自ドメインでhttps対応する

S3に独自ドメインを対応するには前段にCloudFrontを設置する必要があります。

また、https対応するには証明書を発行してCloudFrontに設定します。証明書にはACMを使用出来るので、ACMを作成します。

CloudFrontはCDNとして速度改善に強力なサービスなので、設定した事によるメリットも大きいです。

他、ポイントを記載しておきます。

  • S3の設定でパブリック公開しないようにする
  • CloudFrontからの設定後、S3のバケットが認識するまで一時間くらいかかる
スポンサーリンク

CloudFrontまとめ記事

以下にまとめました。

【まとめ】Amazon CloudFront CDNサービス
AWSのCDNである強力なサービスCloudFrontを色々と使用してみました。そもそものCDNについての概要から、CloudFrontの...