仮想通貨のトレードBOT開発記録

突然ですが、仮想通貨のトレードBOT開発記録を始めます。

スポンサーリンク

2018/06/12-2018/06-13の開発記録

node.js版が先ず目に入ったので、node.js版で注文出来るところまでを作ってみました。

環境構築はなんと、node.jsだけ。簡単過ぎる。

Node.jsのインストール by Windows8.1
Node.jsのインストールをしました。 環境は Windows8.1 になります。 Node.jsのインストール 推奨版...

インストールしてBOTを見よう見まねで作ったところまでは良かったのですが、進めていくうちにpythonの方が盛り上がっており、便利なライブラリとか多い感があったので、早くもnode.js版での開発をここでやめようと思います。

今回4時間 計4時間

2018/06/22の開発記録

python版にとりかかります。開発環境構築しました。簡単でした。

Python開発ツールAnacondaのインストール
Python開発ツールAnacondaのインストールをしましたので記録しておきます。 環境win8.1 64bit Anaconda...

今回2時間 計6時間

2018/06/23-2018/06/26の開発記録

bitFlyerのAPI、cryptowatchのAPIをテスト使用してみました。

ccxtというライブラリが優秀という事で早速試してみました。

https://github.com/ccxt/ccxt

APIを叩く為のパラメタ設定の定型文などまとまっているので、1行で注文出来たりします。作られたメソッドを呼ぶ形なので組み込みやすいですね。

pythonは初めてだったので勉強しながらで、まだ書き方・ぱっと見くらいですが、rubyに似ているような感じがします。

テストアルゴリズムで注文・キャンセル・決済を自動稼働するところまで動かしました。実際に注文出来るところまで来たので楽しいです。

基本的な操作は軽くですが触れられたので、次からはBOTの核となるトレードアルゴリズムやツール、内部インジケータの実装に入っていきたいと思います。

どういうBOTにしようかいくつか考えがあります。

  • レンジスキャ系BOT
  • 機械的スプレッドスキャ系BOT
  • 中長期での複合インジ系BOT
  • 裁量スキャサポートツール

たぶんコツがわかって作り始めたら開発時間は少ないはず。とりあえず全部作ってみます。

ここからが本当の始まりです。わくわく。

今回4時間 計10時間