CloudFrontで複数ドメインのhttps対応

CloudFrontでは1つのACMしか選択できない為、あらかじめACMをSNIにより複数ドメイン分のACMとして作成しておく必要があり、これをCloudFrontで指定してあげるだけです。

SNIとはServerNameIndicationの略で訳はサーバ名表示で、ACMはAWS Certificate Managerの略でSSL証明書を管理してくれます。

これまでは「1台のサーバ(グローバルIPアドレス)につきSSL証明書は1ドメイン」でしたが、SNIを利用すれば、「1台のサーバで異なる証明書」を使い分けることができるようになりました。

スポンサーリンク

CloudFrontまとめ記事

以下にまとめました。

【まとめ】Amazon CloudFront CDNサービス
AWSのCDNである強力なサービスCloudFrontを色々と使用してみました。そもそものCDNについての概要から、CloudFrontの...