Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)へのSSH接続

このページには本線を進める為に必要な、Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)へのSSH接続する手順を記載しています。

スポンサーリンク

ホスト名・IP

EC2インスタンスの一覧下詳細記述内容にあります。

  • パブリック DNS (IPv4)
  • IPv4 パブリック IP

これが表示されていない場合は、次の内容を見直してください。

ホストに接続できません。

teratermでIPとポートを指定してみると・・・
は様々考えられますが、自分の場合は、以下の記事のどこかの設定漏れでした。

Amazon VPC(Virtual Private Cloud)の作成手順
このページには本線を進める為に必要な、Amazon VPC(Virtual Private Cloud)を作成する手順を記載しています。 ...

見直した内容

・VPCを作成した後に、VPC一覧から選択してアクション>「DNSホスト名の編集」>「はい」にしておきます。

・ルートテーブルを作成した後に、ルート一覧下のタブから「ルート」を選択>編集>追加>0.0.0.0/0 インターネットゲートウェイのID>保存しておきます。

ログイン情報

ユーザは? ec2-user がデフォルトです。

パスワードは? 初回不要です。

秘密鍵は? VPC作成時にダウンロードした鍵です。

今後のセキュリティ改善

ユーザ作成

上記まででログイン出来たらユーザを作成出来るので作っておきます。

パスワード2回入力

以下を追記

SSH接続

ローカルでのコマンド入力

パスワードは入力せずエンター2回

.ssh/config を編集して以下内容追記

作成されたaws_rsa.pubを、サーバーの/home/ユーザ名/.ssh/authorized_keyzに転記。

※authorized_keyzは最初ないので新規作成。

ローカルからSSH接続確認

接続出来れば終了。