VagrantのBox操作まとめ

vagrantでは環境Boxをパッケージにして別PCなどに使い回せるので一度環境構築すれば、あとは簡単に展開出来ます。と自分は理解しましたのでそういった操作まとめです。

スポンサーリンク

Boxの作成(パッケージ)

$ vagrant package

デフォルト名のpackage.boxでboxが作成されます

Boxの作成(パッケージ)※ファイル名指定

$ vagrant package --output test.box

test.boxが作成されます

Boxの追加(パッケージ情報を別環境に記録)

$ vagrant box add [任意Box名] ./package.box

任意Box名でパッケージ情報を記録します

Boxの一覧確認(表示)

$ vagrant box list

addしたbox一覧が表示されます

Boxの立ち上げ

$ vagrant init [任意Box名]

Vagrantfile内でbox名指定

config.vm.box = "[パッケージ情報を記録したBox名]"
$ vagrant up

立ち上がります

Boxの削除

$ vagrant box remove [任意Box名]

vboxリビルド

vagrant内で($ vagrant ssh後)
$ sudo /etc/init.d/vboxadd setup
または
$ sudo /sbin/rcvboxadd setup

VirtualBox関連

VirtualBox UUID確認

コマンドプロンプトでVirtualBoxフォルダ内から以下コマンド

VBoxmanage.exe list vms

Vagrant稼働状況確認

vagrantの外で
vagrant global-status

Vagrantゾンビ削除

vagrantの外で
vagrant global-status --prune

Vagrantの仮想環境構築はこちら

VirtualBoxとVagrantの仮想環境構築まとめ
VirtualBoxとVagrantの仮想環境構築まとめました。 このページの手順で実績が取れた環境はこちらです。 win8.1 6...

他のVagrantの記録

vagrant upで容量不足でNo space left on device(RuntimeError)になった
$ vagrant up Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provid...